不動産トラブルに強い法律事務所 | 大阪市北区西天満の西村・塚﨑法律事務所

不動産トラブルに強い西村・塚﨑法律事務所

HOME > 弁護士紹介

大切にしているのは『じっくり丁寧にお話をきく』こと

実は相談者様からは話がしやすいと言って頂くことが多い

 西村・塚崎法律事務所は西村 嗣人(にしむら つぐと)・塚崎 幸司(つかさき こうじ)の2名の弁護士による事務所です。共に弁護士登録7年目30代です。
 私達は、同志社大学の同級生で修習同期でもありますが、弁護士登録当初は別々の事務所で執務し、その後、既に平成24年2月から前事務所で共に執務してきました。その過程で、それぞれが経験した企業法務、民事事件、刑事事件、少年事件等から得たものを積極的に共有し、弁護士間の連携を充実させ、より迅速な、より厚みのあるクライアントサービスをご提供するという、私達が理想とする事務所作りにチャレンジしたいという思いが日増しに強くなり、新事務所開設に至った次第です。

 私達は、これまで執務してきた経験から、それぞれの長じた部分、至らない部分を十分に把握しております。それらを重ねあわせることで、モザイク状に点在していた互いの特徴がクリアな像を結び、皆様により一層充実したクライアントサービスがご提供できるものと考えております。
『弁護士』と聞いて「敷居が高い」「お高くとまってそう」「何か相談しにくい」と感じる方は意外と多いかもしれませんが、実はご相談者様からは話がしやすいと言って頂くことが多いことが自慢の法律事務所でもあります。それは、私たちが「じっくり丁寧にお話をきく」ことを最も重要視しているために「話がしやすい」といった印象になっているのだと思います。

 ご相談への解決案を導くためにも「じっくり丁寧にお話をきく」ことをスタート地点としております。どのような争い事でも時間の流れに沿って出来事を整理し、当事者の立場から考えることで最良の解決案が自然と浮かび上がってきます。みなさまのご相談は同じものが2つとないものです。最良の解決は「じっくり丁寧にお話をきく」こと。こうして見つけ出された解決案は常識にも合致し、ご相談者はもちろん相手方にも受け入れやすい解決案となります。

西村・塚崎法律事務所 弁護士紹介

 

弁護士

西村 嗣人 にしむら つぐと

所属弁護士会:大阪弁護士会
弁護士登録年:2008年

大阪弁護士協同組合 総務委員会 委員
大阪弁護士協同組合 保険委員会 生保部会 委員
社会福祉法人 福智会 理事
NPO法人研志会 理事長
同志社大学アカデミックアドバイザー


注力分野
不動産・建築|犯罪・刑事弁護|借金問題

取り扱い分野
借金|建築紛争|不動産賃貸|不動産取引|刑事弁護|少年事件|刑事告訴・告発|犯罪被害|犯罪|不動産・建築|近隣トラブル

皆様、はじめまして。
皆様がこのページをご覧になるということは、何らかの法的問題を抱え、お困りだからだと思います。私は、何か人の役に立つ仕事をしたいとの想いから、司法試験の受験を決意しましたが予想以上に試験が難しく、ようやく8回目の受験だった平成18年に合格しました。
 しかし、この間に経験した忍耐力、継続する力は今の私の原動力になっております。平成19年に弁護士登録して以降、一人でも多くの方々の法的問題を解決したいとの思いから様々な事件を解決し、現在に至っております。現在もこの気持ちに変わりはありません。

 クライアントの皆様一人ひとりに真摯に向き合い、最良の解決策を導き出します。最近の注力分野は、不動産問題(賃貸のトラブル)、交通事故問題ですが、個人のお客様であれば相続、離婚、借金問題等の身近な問題、企業様であれば売掛金回収、破産等様々な問題を経験してきており、対応可能です。
お気軽にご相談ください。

 

弁護士

幸司 つかさき こうじ

所属弁護士会:大阪弁護士会
弁護士登録年:2008年

大阪住宅紛争審査会運営委員会
大阪弁護士会司法修習委員会
同志社大学アカデミックアドバイザー
緑のオーナー被害者弁護団


注力分野
離婚・男女問題|遺産相続|交通事故

取り扱い分野
交通事故|離婚・男女問題|相続

 昭和50年9月14日、福井県鯖江市に生まれ、小学4年生から高校3年生まで野球に打ち込んで白球を追いかけていました。高校卒業後、進学とともに京都と大阪で暮らし、気づけばこちらの方が長くなりました。
 クライアント様が弁護士に求められていることは何か、弁護士の中でも私にご相談頂いた理由は何か、そのために私ができることは何か、これを日々追及していきたいと考えています。
 そのために、まずはクライアント様のお話をじっくり丁寧に教えて頂くことを大切にしています。教えて頂くうちに、クライアント様がご相談に至るまでに歩んでこられた風景や物語が立ち上がってきます。そうすると、抱えておられる法的問題が立体的な像を結び、問題の本質がみえてきます。問題の本質をつかむことができれば、解決までを最短コースで進むことができます。

 私は企業のクライアント様であれ、個人のクライアント様であれ、法的問題解決には一見直結しないようにも見えるこのような手順を重視したいと考えています。 そして、クライアント様にじっくり語って頂くためにも敷居が低く、フットワークが軽く、依頼者さんが気軽に付き合える弁護士でありたいと考えています。 出会ったご縁を大切に、感謝の気持ちを忘れずにクライアント様の利益を実現したいと思います。


大阪弁護士会製作の動画[弁護士さん! ちょっと聞いて〜な!]

 

 

弁護士

山本 大士 やまもと まさし

所属弁護士会:大阪弁護士会
弁護士登録年:2015年

大阪弁護士会協同組合 総務委員会委員
大阪弁護士会協同組合 保健委員会 生保部会委員
同志社大学アカデミックアドバイザー


注力分野
不動産|交通事故|刑事弁護

取り扱い分野
借金|債権回収|離婚・男女問題|B型肝炎訴訟|刑事弁護|少年事件

 弁護士の山本大士と申します。生まれは高知県の室戸市で磯遊びや釣りに明け暮れていましたが一転大学から関西に来て法律を学び弁護士となりました。

私が事件処理に当たりもっとも気を付けているのは、依頼者様のお話をじっくりと聞くことです。我々弁護士は、確かに法律の専門家として事件処理に当たりますが、こと、依頼者様個々のご事情については何も知らない状態でお話を聞くのですから、謙虚に、真摯に依頼者様のお話に耳を傾けます。お聞きしたお話を下に、法律的にどのような主張が可能か必死に考え、解決を模索していきます。

じっくりと話しを聞くことのできる、気さくな弁護士を目指しております。皆様、どうぞお気軽にご相談ください。

 

弁護士

東井 瑞起 とうい みずき

所属弁護士会:大阪弁護士会
弁護士登録年:2017年





 弁護士の東井瑞起と申します。奈良県で生まれ、幼少期は4歳上の兄と外で走り回る日々を送っていました。中学では、ソフトボールや山登り、高校ではギターマンドリン部に所属しました。大学に進学後、困っている方の役に立ちたいとの思いから法律を学び、大学院での勉強を経て弁護士となりました。
 
ご相談に来られた方は大きな不安を抱えておられると思います。お話をじっくりとお聞きする中で、抱えておられる不安を共有し、解決に向け精一杯務めさせていただきます。
皆様,お気軽にご相談ください。